伊賀 自然素材 健康住宅 古民家再生 山のめぐみ舎 ホーム > 伊賀、自然素材リフォームと無垢の木の家具職人が語る本気ブログ

伊賀、自然素材リフォームと無垢の木の家具職人が語る本気ブログ

2017年4月の記事一覧

2017年04月26日更新
DIYアドバイザーへの道* vol.2

 

こんにちは。

山のめぐみ舎フロントサポーターの

福山由佳です(^^)

 

ついに!!!!!!!

 

IMG_9141

 

DIYアドバイザー資格試験の

願書が届きました!!!

 

一気に現実味が増しましたね。(笑)

 

一次試験は8月です。

不安しかありませんが

ここまできたので

やれるとこまでやってみましょう!

 

IMG_8830

 

分からないことがでてきたら

建築のプロに秒で答えが聞ける環境にいれて

本当に恵まれているなと日々思います。

 

そして神保社長は最近抜き打ちで

テスト問題も出してくれます。(笑)

 

自分で工具を使って好きなものを作る。

それも立派なDIYなのですが

やはりDIYの根源はお家の修理、修繕。

家の構造を知らないと始まりません。

 

今日はそんな勉強した中から学んだことを

ご紹介します(^^)

 

まず基本的なところから。

 

建築用語で

ラーメン構造というものがあります。

皆さん何を思い浮かべましたか?

 

これじゃないですよ。(笑)

entry_images_image

 

私は初めて聞く言葉だったので

まさにこれが頭に浮かびました。(笑)

 

 

ラーメン構造のラーメンとは

ドイツ語で「額縁」

高層建物で一般的に使われる建築技法です。

 

o0320027812732988419

 

柱(縦)と梁(横)を繋ぐ交わった部分を

剛接合という角度の変化を受けても

倒れない接合で頑丈にしてあるので

地震に強いと言えます。

 

基礎が鉄骨鉄筋コンクリートだからこそ

この技法により

壁がなくても一面ガラス張りの

建築物が可能なんですね(^^)

 

ちなみに高層建物の定義

基本的にエレベーターのついた

6階以上ある建物のことを指すそうです。

 

それ以下は基本的にエレベーターのない

3階~5階までの建物が中層。

 

2階建ての一般住宅

低層というそうです。

 

 

建築は奥深いですね(^^)

2017年04月25日更新
今の現代建築では手に入らないモノ*

 

こんにちは。

山のめぐみ舎フロントサポーターの

福山 由佳です(^^)

 

今回は今当社でも施工させていただいている

古民家再生について。

 

そもそも古民家再生、古民家リノベーションって

一体そこまでして田舎に暮らす理由は何でしょうか?

 

古民家にお金をかける価値とは?

 

 

それは材料です。

今住まなくなった空き家の古民家は

最低でも築50年

築100年も珍しくないのです。

古民家のような歴史のある建物は、

今では手に入らない銘木、材料でできているものも多く

現代では文化財級の仕事をするような

職人さんが作っていたような価値のあるものです。

 

一見、老朽化して寿命に思われがちな古民家ですが

そういった家々の古材は

200年以上経っても再生可能なことも多いのです。

 

古民家には、今ではもう手に入らない銘木を、梁や太い柱として
惜しげもなく使われています。
今の時代に同じことをやろうと思ったら、材木だけでかなりの
金額になってしまいます。

 

しかしリノベーションなら

新築で同じものを建てるよりは

ずっと少ない費用で修理することができます。

 

それに加えて古民家では

現在建築で多用する合板を一切使用していません。

柱や床、天井に張る板も全て無垢材を使用しています。

太い梁も今の時代によく使われる集積材ではありません。

近くの山から切り出した材木をそのまま使用しています。

IMG_9128

 

 

もうお分かりですよね(^^)

価値の分かる人には分かります。

 

老朽化は寿命ではありません。

古き良き住まいを残し活かして

現代の人々の生活に合った
自分だけの空間に生まれ変わらせてみませんか?

 

IMG_9129

2017年04月24日更新
ラジオ収録*

 

こんにちは。

山のめぐみ舎フロントサポーターの

福山由佳です(^^)

 

今回は神保社長のラジオ収録

同行させていただきました。

 

IMG_9120

 

「じんちゃんのハッピーリフォーム」

 

リフォームに悩んでる方に

少しでもリフォーム成功のポイントをお伝えしたくて

実際にリフォームされたお客様に

ゲストとしてお招きしています。

 

今回は施工していただいた伊賀市のI様

実際の声をお届けさせていただきます。

 

収録前の打ち合わせでは

実際にI様が書いてくださったお客様の声を

MCさん、収録担当者さんに直接読んでもらい

I様から少しお話も聞かせていただきました。

I様からは

▼社長は何でも言いやすい人柄

▼市内ですぐ来てくれるから安心

▼予算内は無理だと思っていたが

きちんと予算内にしてくれた

▼現場監督が朝と夕方必ず来てくれて

一日の流れをきちんと説明してくれて

対応が良かった

▼現場監督と職人さんとの関係が良く

時折笑いながら良い雰囲気で見ていて安心した

信頼できる業者だなと思った

▼台所の換気扇が10年お手入れ不要の換気扇に!

▼工事の保証書は他にはない、初めてもらった

それもお客様を思ってこそのこと

▼長年気になっていたことがスッキリ解消した

 

といくつも嬉しいお褒めの言葉をいただきました。

 

そしていざ収録へ!

 

IMG_9118

 

IMG_9122

 

収録前は緊張されていたI様でしたが

収録も和気あいあいと楽しい雰囲気で

本番ではそんな緊張も一切感じさせない

I様でした(^^)

山のめぐみ舎のために

わざわざ足を運んでくださり

本当にありがとうございました。

 

IMG_9119

 

神保社長はこのラジオ収録を

月1回行っています(^^)

放送日時は下記のとおりです。

 

リフォームで失敗しないためのアドバイス。

ラジオ限定です!

皆様ぜひ一度聞いてみてください(^^)

 

アドバンスコープ広告データ_thumb

 

 

IMG_9121

2017年04月21日更新
家に自然な光を取り入れる方法*

こんにちは。

山のめぐみ舎フロントサポーターの

福山由佳です(^^)

 

今回は私がお家に取り入れたい

建築技法をご紹介します。

 

皆さんはもしお家を建てるとしたら。

あるいはリフォームをするとしたら。

ここだけはどうしてもこだわりたい

ところは何ですか?

 

私は日当たりです

 

そしてそれを叶えてくれる技法

それはズバリ

 

“パティオ”です。

 

パティオとは・・・

床がタイル仕上げになっていて

噴水や植栽などが備えられたスペイン風の中庭

英語ではインナー・コート

中庭をもつ住宅のことをコートハウスとも言うそうです。

密集した住宅地においても

手軽に採光や通風

プライベートな空間を確保することができ

防犯上のメリットがある。

 

和室からパティオを見る-2

 

と、こんな感じです(^^)

 

スペイン風中庭がモチーフですが

和でも洋でも馴染んでくれそうです。

 

 

_RSX0029

 

13

 

せっかく自分の家を建てるなら

非日常的な自分だけの空間がほしいですよね(^^)

 

是非今後の参考にしてみてください。

 

私は常に自分の家を見渡しては

“ここにこんなんがあればな~”

と妄想しています。(笑)

 

今日は建築技法のひとつをご紹介しました。

 

そろそろ暖かくなってきたので

ビアガーデン計画着工です。(笑)

2017年04月20日更新
次回のイベントは*

 

こんにちは。

山のめぐみ舎フロントサポーターの

福山由佳です(^^)

 

今日は暖かく

風が気持ちいいですね。

 

さて次回のイベント情報です!

 

伊賀上野 NINJA フェスタに出店!!

日時:5月3日(水)祝日

場所:村井萬香園前 伊賀市上野小玉町3130

(地図)https://goo.gl/maps/RMPxsAqd4um

時間:10時から17時

No.1 ウッドパレット風コースター作り 500円

★イニシャルやお子さんのお名前など無料で焼きペンで刻印できます

No.2 MY 箸作り 800円

★カンナを使える貴重な体験!

 

 

ウッドパレット風コースターなんですが

家にあった端材で試作してみました(^^)

釘などは一切使わずボンドのみで作れる

お子様とご一緒でも手軽に木に触ってもらえるようになっています。

くっつけるだけで簡単すぎるかな、と思っていましたが

なかなか奥が深く忍耐力が試されます。(笑)

出来上がったコースターにはお子様のお名前やイニシャル

好きな文字も焼きペンで刻印していただけます(^^)

 

コースター以外にも

一輪挿しを置いたり、重ねてディスプレイにしたり

用途はいろいろです*

 

外国人観光客に大人気の

手作りお箸

普段なかなか手に取る機会がない

カンナに触れていただけます!

是非この機会に一緒に作りましょう(^^)

IMG_8887

 

2017年04月19日更新
”住みやすい伊賀市に移住しよう”vol.1

 

こんにちは。

山のめぐみ舎フロントサポーターの

福山由佳です(^^)

 

今回はブログでもお伝えしている

”古民家再生”の元を辿ってみましょう(^^)

 

先日リノベーション中の古民家の現場確認に

お伺いしたところ

奥様こだわりのキッチンが設置されていました(^^)

 

IMG_9064

 

こんな存在感のある梁が

こんな自然に空間に溶け込めるのは

やはり”古美たから”ではないでしょうか。

古いモノの良さを改めて感じました。

 

 

古民家をリノベーションされる方の

ほとんどが県外からの移住者の方です。

”ずっと田舎暮らしがしてみたかった”

”有機農業をしてみたい”

などわざわざ県外から

この伊賀市を選んで移住する理由は何でしょうか?

 

それは移住者にとって

家を探すところから実際に何も分からないその土地で

生活できるようになるまでの

サポートが非常に充実しているからです。

 

まず一つ目が

移住促進空き家取得費補助金制度

条件はありますが

土地代を除く空き家の取得費が最大50万円まで

補助されます。

さらに加算要件として

 

▼18歳未満の2親等以内の親族(子供や孫など)と

同居する場合、5万円

▼伊賀市空き家バンク制度

に登録している空き家を取得した場合、5万円

 

最大10万円上乗せ補助もあります。

 

二つめは

空き家リノベーション支援事業補助金

です。こちらは

▼県外から三重県に移住される方、

▼三重県に空き家を保有していて県外からの

移住者のために空き家をリフォームして住んでもらいたい

 

と移住する方、空き家の保有者

両者を支援する補助金制度です。

こちらも規定の条件を満たせば

工事費の3分の1最大100万円まで補助されます。

 

伊賀市空き家バンクとは

空き家を借りたい、買いたい

空き家を貸したい、売りたい

をサポートするdaco不動産というものです。

 

詳しくは

㈱まちづくり伊賀上野

三重県伊賀市丸之内500

ハイトピア伊賀3F

☎ 050-5204-2828

※こちらは空き家バンクdaco不動産のみのお問合せです

 

 

その他伊賀市の移住についてのお問い合わせは

伊賀市企画振興部

地域づくり推進課

移住交流部 移住コンシェルジュ

舩見 くみ子(ふなみ くみこ)

☎0595-22-9680

chiikidukuri@city.iga.lg.jp

 

までお問い合わせください。

 

ちなみに伊賀市

朝日新聞社出版のAERA特集にて

”移住しやすい街110”ランクイン

さらにその中でも23自治体しか獲得できなかった

”移住しやすさ三ツ星”にもランクイン

★★★

※対象/人口5万人~200万人の自治体から三大首都圏の地域を除いた全国約320自治体

 

若い世代が移住先に求めるものとして

”都市に暮らす働き盛りの世代が

移住して無理なく暮らせるのはどんな街だろう?”

という観点から選ばれました。

 

せっかく選ばれた数少ない三ツ星の地元を

みんなでもっと活性化できたら

空き家対策や高齢化が進む地域には希望になりますね(^^)

 

次回はそんな移住者さんの実際の声を

お聞きするため、とある方に取材させていただきました(^^)

お楽しみに(^^)

2017年04月17日更新
無垢杉フローリングの魅力*

 

こんにちは。

山のめぐみ舎フロントサポーターの

福山由佳です(^^)

 

今回は皆さまに

度々山のめぐみ舎でも施工例で登場する

杉床の魅力を改めてご紹介します(^^)

 

まず、木材には

針葉樹広葉樹があります。

針葉樹は年中枯れずに葉を落とさない緑のままの木のことを言います。

広葉樹は紅葉や桜のように葉を落とし枝だけになる木のことを言います。

 

一般的に床材で使われる木材は

ナラ、メープルなど杉ではない広葉樹の木材が多く使われます。

その理由は硬く傷つきにくく、節が少ないからです。

 

一方杉の木は節も多く柔らかいため傷もつきやすく

汚れやすいです。

 

ではなぜ杉にこだわると思いますか?

 

それは温かさです。

 

硬く丈夫な傷のつきにくい綺麗な木目の床があるなら

それを使えばいい話ですが

 

硬さゆえに冷たいのです。

せっかく床を温かみのある無垢の木フローリングにしても

それは結局合板フローリングに似た冷たさなので

スリッパや床暖房が必要になるんです。

 

せっかくの無垢の木の上を裸足で歩けないのって

もったいないと思いませんか?

 

元々硬い広葉樹は普段家の中で靴を履いて過ごす欧米国

の床によく使われている木材です。

日本は昔から畳の上を裸足で過ごしてきました。

 

▼夏は調湿効果でサラッと

▼冬は断熱効果で暖かく

▼柔らかいので衝撃を吸収

▼丈夫で長持ち

 

まさに杉床は

木の畳なんです。

 

そして一番のおすすめは

 

経年変化です。

 

無垢の木は人間と同じ呼吸をして

生きています。

なので年数と共に色も変わり風合いも変わっていくので

「古美ていく」とも言われています。

 

 

そんな杉の木に囲まれたオフィスは

今日も木のいい香りがしてます。

 

IMG_9007

2017年04月14日更新
DIYアドバイザーへの道 vol.1

 

こんにちは。

山のめぐみ舎フロントサポーターの

福山由佳です(^^)

 

今日は少し現場から離れて

DIYのお話をさせてください(^^)

 

私は昔からモノづくりが好きで

生まれ育ったところも国津という山の元

遊びと言えばゲームよりもか川。(笑)

いつでも近くに【木】の存在がありました。

 

夜になると外灯は100メートルに1本程度。

昔はそんな田舎に住んでいることが嫌で嫌で仕方なかったのですが

 

今になって思えばこの仕事に就くために

役に立つことばかりで全部繋がっていたのかなと思います。

 

DIYに目覚めたのは仲の良い従姉妹が教えてくれたのが

きっかけでした(^^)

 

始めはこんなにハマると思わず帽子とカバンかけがほしくて

作ったのが私の1作目です。ここが原点です。

 

IMG_9003

 

それから【木】の素直さに気付いてしまいました。

自分が歪めば木も歪むし真っすぐ切れば真っすぐ切れてくれる。

同じように見える木でも1本1本表情があり、性格がありと

【木】って本当に面白いんです。(笑)

 

IMG_9004

 

日本人に昔から馴染みがあるはずなのに

なかなか手にとる機会がないですよね。

私がDIYアドバイザーになろうと思ったのは

山のめぐみ舎に入社したのもそうですが

友達から言われる

「今度習いたい。」「作り方また教えて」でした。

教えれるほどのスキルもなく

寸法もろくに計らず作っていたため、(笑)

安全で簡単なやり方を素人の自分がちゃんと基礎から学んで

モノづくりの他に小さなお家の修繕なども教えていけたら

自分だけではなくてみんなで喋りながら、笑いながら

楽しい空間ができるんではないかなと。(^^)

 

そして【木】に触ってもらえるきっかけになってもらえれば*

 

学生時代は家族に

「そういえばあんたが勉強してる姿って一回も見たことないわ」

と言われていた私が今

 

教材を穴があくほど見つめています。

私の口から「レポート提出」の言葉が出る日が来るとは。(笑)

 

 

今後は資格以外に

自分の家にビアガーデンを

作るのが目標です。(笑)

ぼちぼち頑張りますので見守っていただけたらと思います(^^)

 

 

※最近端材で作ったミニテーブルです*

IMG_7019

2017年04月13日更新
パンとお菓子のお店【ごまめ】オープンします*

 

こんにちは。

山のめぐみ舎フロントサポーターの

福山由佳です(^^)

 

今回は前にブログでお伝えしました

「パン屋らしくないパン屋にしたい」

とご依頼をしていただきました

山﨑様のこだわりのお店がついに

 

4月27日(木)に新装オープンします!!!!

 

パンとお菓子のお店

【ごまめ】

名張市短野765

https://goo.gl/maps/Zmc8pTsTrb22

☎050-5241-2211

✉gomame765@yahoo.co.jp

OPEN8:00 ~ CLOSE18:00

定休日 火曜日/水曜日

 

 

IMG_8995

 

先日初めて奥様にもお会いでき

とても優しく迎えてくださり少しでしたがお話もできて

嬉しかったです(^^)

お店のチラシも奥様の手書きでイメージロゴも

奥様が考案され絵に描かれたそうです*

 

ご夫婦で同じ大阪にあるパン屋さんで勤められていたそうで

【ごまめ】では

ご主人様が*パン*を担当

奥様が*お菓子*を担当

だそうです(^^)

 

IMG_8986

 

現場の確認にお伺いさせてもらった際に

オーブンから甘いいい香りが外までしていて

試作で作られていたラスクをよかったらどうぞといただき

素朴な甘さでとても美味しかったです(^^)

 

お店の正面はガラス張りのディスプレイになっており

そこに焼き立てのパンやお菓子が並ぶそうで

かわいい小窓から奥様が注文を聞いてくれます(^^)

 

IMG_8993

 

IMG_8994

 

 

また行々はお店の横にテーブルなどを置いたり

お店でパン作り教室をやってみたいと考えられているそうで

今後の目標を教えていただきました(^^)

 

IMG_8990

 

IMG_8991

 

内壁、外壁は山﨑様ご家族でDIY塗装され

4月27日(木)オープンに向けて

お店も完成間近です!*

 

IMG_8987

 

 

IMG_8988

 

こちらの銀杏でできた

可愛らしい小さいお猿さん*

お店の外のどこかに隠れています。(笑)

ぜひご来店の際に探してみてください(^^)

2017年04月12日更新
*手作りスプーンで繋がる*

 

こんにちは。

山のめぐみ舎フロントサポーターの

福山由佳です(^^)

 

今日は4月9日日曜日に開催された

マーケットノトナリに出店させていただいた

模様を書かせていただきます(^^)

 

今回は包丁研ぎと

木工ワークショップがメインでした。

天気が少し心配でしたが徐々に回復し

よかったです(^^)

 

IMG_8957

 

私もこのイベントに初参加でした。

出店されている方はみなさん律儀で他の出店者への気遣いや

明るく挨拶もしてくれてすごくいい雰囲気でした(^^)

 

IMG_8963

 

包丁研ぎには何本も持ってきてくださった方や

「この前研いでもらってすごくよかった」

リピートで来てくださった方もいらっしゃいました。

 

IMG_8958

 

木工ワークショップでは

私も初めて手作りスプーンを作らせてもらい、、、

ハマりました。(笑)

 

IMG_8966

 

パッと見、絶対難しいと思いませんか?(笑)

 

実はとても簡単に削れるんです

 

お家にあるカッターでシュッシュッとできます。

あの削る感覚は一度やってみないと分かりません!(笑)

 

今回使用したのは

『ヒノキ』だったのですが

ヒノキはとても柔らかく軽く加工がしやすいので

DIY好きの方もよくヒノキのすのこを分解して棚にしたりしていますね(^^)

 

IMG_8962

 

この日は木工ワークショップでノミを叩く神保社長を

熱いまなざしで見つめるお客様がいらっしゃいました(^^)

 

IMG_8959

 

奈良から双子のご兄弟とお友達と来場され

見つめていたお客様の職業はなんと若い大工さんでした(^^)

声をかけさせていただき

実際にスプーン作りもしていただきました。

 

IMG_8968

 

慎重に形を整えていく真剣な姿に

普段のお仕事での姿が垣間見れました(^^)

 

私も下に2人双子の弟がいるので

姉のような気持ちで見つめてしまいました。(笑)

 

双子のご兄弟は今は離れて暮らされているとのことで

きっと双子で一緒にスプーンを作るなんてことは

そう頻繁にできることではないと思います。

 

IMG_8960

 

是非今後この作ったスプーンを見て

山のめぐみ舎で一緒に作ったことを思い出してもらえればと思います(^^)

 

 

IMG_8965

 

 

 

次回のイベントは

村井萬香園前(伊賀市上野小玉町3130)

GW5月3日(水)祝日NINJAフェスタにて出店させていただきます(^^)

 

こちらでも木工ワークショップ開催で

ウッドパレット風コースター(500円)

手作りMy箸(800円)です(^^)

 

作ったあとは焼きペンで

お子さんのお名前やイニシャル、好きな文字を

無料で刻印していただけます!

 

皆様のご来場お待ちしております(^^)

 

ワークショップ NINJYAフェスタ

2017年04月11日更新
古民家再生で快適に暮らすためのキーアイテム

 

こんにちは。

山のめぐみ舎フロントサポーター

福山由佳です(^^)

 

 

今回のリフォームは伊賀市の『古民家再生』です。

 

IMG_8896

 

ご依頼主様は有機農家をされているご夫婦で

奥様のこだわりは『立派な梁を見せたリビング』と

空間全体を見渡せる『アイランドキッチン』です。

 

こちらの古民家は元々昔からの土壁で

高い場所で手入れがなかなかできなかったのか

壁には穴が開いていましたが奥様ご自身で

土壁の穴をDIY補修していただきました。

 

IMG_8893 (1)

 

柱もご自身でDIY塗装されたそうです。

 

IMG_8895

 

やはり今回のリフォームでも

今在るモノを使い組み合わせることで

新しいモノに生まれ変わりました(^^)

 

IMG_8894

天井にはずっと昔から支えてきた堂々とした立派な梁と

これから一緒に支えていく凛とした新しい杉板が組み合わさり

優しく空間を見守っているような感じでした(^^)

 

IMG_8932

 

 

 

今回のリフォーム、古民家再生ということで

古民家は非常にすきま風が寒いです。

 

そこでご依頼主様からのご希望で今回取付させてもらったのが

 

Low-Eガラス(ローイーガラス)

 

の高断熱仕様です。

 

部屋の室内温度を快適にするのに重要なキーアイテム。

それが

 

【窓ガラス選び】

なんです。

今回のリフォームでも採用された

Low-E(ローイーガラス)のことを

今日は少しお話させてください(^^)

 

まずそもそも

遮熱断熱の違いをご存じですか?

遮熱とは太陽の直射熱のこと。多くは窓を突き抜けて

人体に有害な電磁波の紫外線と共に室内に侵入する。

その熱が侵入するのを防ぐことを(入ってくるのを遮る)

ことを遮熱といいます。

次に

断熱とは、熱は温度の高い方から低い方へ移動する

性質がありこの移動する熱を少なくすることを(進行を断つ)

断熱といいます。

 

 

私もこの仕事をするようになってから

気になり調べて初めて知りました。

要はどちらにしても熱が出入りするということなんですね。(笑)

 

その熱の出入りを軽減し、快適に暮らすためには

窓ガラス選びはとても重要な

キーアイテムだということです。

 

今回のご依頼主様の場合は寒さ対策でしたが

 

Low-Eガラス(ローイーガラス)

には2種類あり

 

西日や強い日差しで部屋が暑い場所には

遮熱仕様。

(普通の窓に比べて暑い日差しを約60%カット)

(紫外線は約82%カット)

冬ひんやり冷えて部屋が寒い場所には

高断熱仕様。

(普通の窓が100%出ていくのに比べ

熱が外に逃げるのが約23%)

 

を一般的に使用します。

 

この断熱化による保温効果で

冷暖房コストが節約でき、年間CO2削減もでき

家計にも環境にも優しいお家になるということです。

 

今日はこだわりの古民家リノベーション

私も勉強になった1年中快適に過ごせる

Low-Eガラス(ローイーガラス)

のご紹介でした(^^)

 

2017年04月05日更新
パン屋らしくないパン屋にしたい

 

こんにちは(^^)

山のめぐみ舎フロントサポーターの福山由佳です。

 

 

さて今日のリフォームは

近くオープン予定の

『パン屋らしくないパン屋にしたい』というご依頼者様の大改修リフォームです。

 

フランス修行を経て、その後大阪でパン職人をされていたご依頼者様。

この度独立されることになり地元でお店を開きたいと

実家の倉庫をパン屋さんに改修させていただくことになりました。

ご依頼者様のこだわりは内装の壁。自分で土カベ風にしてみたいということで

DIYをしていただくことになり、スタッフが少しレクチャーさせていただいたあと

ご自身で塗装していただきました(^^)

 

IMG_8690

 

IMG_8688

 

 

落ち着いた雰囲気で

やわらかい感じに仕上がりました(^^)

 

最近DIYに興味を持ってくださる方が多く

ご自分で壁の塗装などをやってみたい。等

山のめぐみ舎ではスタッフがやり方などを少し指導させていただいたあと

お客様ご自身でDIY塗装していただくこともできます!

尚、道具の貸し出しもさせていただいております。

 

自分自身でDIYすることで愛着も湧いて特別な空間になりますよね(^^)

 

 

一部の扉は元々あったのを使われたり、

外から見えるお店の雰囲気など、ご依頼者様はとてもこだわっておられました(^^)

 

IMG_8693

 

ご依頼者様は幼い頃からパン屋さんになりたかったそうで

長年の夢が叶い、オープンが楽しみですね(^^)

IMG_8691

2017年04月04日更新
こだわりの屋根

こんにちは(^^)

山のめぐみ舎のフロントサポーターの福山由佳です。

 

本日のお家は上神戸にあるプライベートログハウスです。

IMG_8681

 

こちらでは屋根の修理をさせていただいております。

 

毎年ご自身で外壁などの塗装をされるほど愛着を持っておられ

外にはお手入れされた花や二人掛けのブランコがあり、

ご夫婦の仲の良さが伝わってくる素敵な空間でした。

 

ご依頼主様のこだわりはご自身で貼られたという

東屋のトタン屋根の色と同じ色を一部メインハウスにも。

と今回の補修の際にご依頼を受けました。

 

IMG_8687

 

IMG_8686 (1)

 

今回屋根の改修工事で使わせていただいたトタンの材質は

ガルバリウム鋼板という材料を使いました。

これはとてもサビに強いので

これで屋根のメンテナンスの心配はあと20年はいらないです。

 

現場では社長が直接足場に上り仕上がりを確認し

この後お引渡しとなります(^^)

 

IMG_8685

2017年04月03日更新
初めまして(^^)

 

この度4月から働かせていただくことになりました

『福山』と申します。

 

IMG_8661

 

主に現場にお伺いさせていただき、お客様のサポートやお話を聞かせていただきます(^^)

まだまだ分からないことばかりで至らないところだらけですが

お客様の不安や心配を少しでも和らげればと思っています。

 

主にブログも担当させていただきますので

よろしくお願いします(^^)

 

 

では、簡単に自己紹介をさせていただきます。(笑)

 

▶福山 由佳

▶28歳

▶よく喋る、よく笑う、が取り柄です。

▶おばあちゃんに『あんたは箸がこけても笑う』と言われます。

▶モノづくりが大好きです。DIY信者です。

▶最近キックボクシング始めました。

▶座右の銘は『とりあえず一回やってみる』です。(笑)

 

ざっとこんな感じですが

 

私と『山のめぐみ舎』との出会いは一年ほど前。

私も一番最初は皆さんと同じ

リフォームの見積りを依頼したお客さんの立場でした。

そのときの神保代表の仕事に対する姿勢、お客様に対する思い、素晴らしい方だなと思いました。

 

昔からモノづくりが好きだった私は、延長線上にDIYに出会いました。

それからもっとモノづくりが好きになり、

自分がもっとスキルを上げて同じ女性にモノづくりの楽しさ、正しく使えば工具もそんなに難しくないこと、

何より、『自分で作った達成感』をもっとみんなに知ってほしいと

神保代表にお話したところ、DIYインストラクターとしてこちらで働かせていただけることになりました。

 

自分の好きなことを仕事にできるチャンスをいただき

本当に感謝しています。

 

IMG_8668

 

これから基礎から学びDIYアドバイザーの資格取得に向けても頑張っていきます。

長くなりましたが、これから末永くよろしくお願いいたします(^^)

 

 

 

 

 

さっそくですが5月14日(日)のリフォームバスツアー

私も参加予定です(^^)

まだ6名ほど空きがございます。

参加費も無料ですので皆様是非ご参加ください(^^)

 

IMG_8667

新着記事

月別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

山のめぐみ舎の家づくり

山のめぐみ舎実績

山のめぐみ舎ってどんな会社?

山のめぐみ舎について

【新事務所】
 住所:〒518-0214
 三重県伊賀市腰山495
 TEL:0120-923-729
 FAX :050-3156-3681
【工房】
 住所:〒518-0214
 三重県伊賀市腰山601
【名張営業所】
 住所:〒518-0475
 名張市百合が丘東5-193
TEL:0120-923-729
メールでのお問い合わせ

山のめぐみ舎について

  • ・伊賀市・名張市・宇陀市・津市
    ・御杖村
  • その他地域の方も一度ご相談ください。 可能な限り対応いたします!